celestia

  
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.11.13 Tuesday - -
報道の力
サンドウィッチマンのお二人も言ってた事なんだけど、
TVのカメラを、もっと避難所の声を発信するのに使って欲しい。
避難生活をしている方が、名前を書いたスケッチブックを持って生の声と顔を届けているシーンを今朝TVで少し観た。
あと、どの施設にどんな物資や薬が足りないかという声も聞けた。
物資の運搬は、燃料とか道路や港の寸断でなかなか思うようにいかず大変だそうだけど、
ああいった安否確認をはじめ、本当に役立つ情報をもっともっと発信して欲しい。

正直、特番なんかはもういいと思うんだよ。壊滅してしまった街の様子の映像とかもね。
ここ2、3日は、原発の様子や専門知識の解説ばかりに重点が置かれている気がしてならないのですよ。
もちろん原発のそれも大事な情報だ。人名に危機をもたらす可能性があるんだもの。
実際のところ、原子炉の構造なんて知る機会はなかったから勉強にもなったしね。

ですがね。
計画停電にしろ原発にしろ、どのチャンネルを回しても、ある偏った特集や報道ばかりが流れるなんてのは、
こんな状況下のマスメディアとしては明らかに間違ってる。いや、常軌を逸している。
それが国民の目に入れば、必要以上に不安を煽ってしまうのも当然だと思う。

http://ameblo.jp/mikio-date/
↑ちなみに、サンドウィッチマン伊達さんのブログです。特に熱烈なファンって訳ではないんだけどね(w
でも、報道には現れない現地の様子を、時に悲痛なほど克明にリポートしている。
貴重な声なのだ。ご覧になる価値アリかと思います。


避難所の生の声と顔を全国に届けることが、情報として非常に有意義なものであるならば、
それはきっとTVにしかできないことだ。
今こそ、TVの存在意義とその力が問われる時だと思うんだ。

2011.03.17 Thursday 日常 comments(0)
安否確認って…
こちらから発信して煽ると、向こうに気を揉ませて返信に貴重な電力使わせてしまう。
家族や親類宛てでない限り、こちらからアクションを起こさない方がいいのかな。。。
「無事を知って自分が安心したいだけだ」
などと言われてしまえばまさにその通りだ。返す言葉もない。
僕は幸いにして身も家も家族も無事だったのだから。

まだ安否が判らない友人知人がいるけど、
信じて待っているべきだと、個人的には反省なのです。
2011.03.15 Tuesday 日常 comments(4)
Pray for All
あの時ほんとに怖かったけど、東北の方は僕が感じた1000倍は怖かったはず。

謹んで被災で亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。
そして、安心と復興へ向けまだまだこれから戦っていかなければならない被災地の方々に、
心からお見舞いを申し上げます。


現地では日本中から精鋭が集まって救援活動をしている。
諸外国からも暖かい援助があって本当に有り難い。
NZも自国の再建で大変だろうに、援助隊がすぐに駆けつけてくれた。心強いことです。

僕は僕ににできること、やるべきことを精一杯やる。
小さいことから始められる。
電気の節約、募金、信じること、励まし合うこと、祈ること。そして、自分の仕事。
今の僕には、それしかないんだ。今月も来月も本番がある。

連絡がつかない友人がまだ何人かいるけど、信じて待つしかありません。
胸が痛くて張り裂けそうだけど、いま下を向いては彼らや被災地の方に申し訳ない。
ため息をグッと奥に閉じ込めよう。

まだ寒さの続く東北地方、食料も水も電気もガスも電波すらままならない。
そんな状況下の被災された方々には、決して「頑張れ」なんて言葉はかけられないから。

だから、幸いにして無事だった僕はいつもどおり頑張ります。
同じ国の仲間として強く在りたいと思います。


>toriくん、あーちゃん、みっこちゃん、ケンジくん、ささじろうさん、YUMIさん、ケイコちゃん
無事でいてくれてると当然信じてるよ。
みんなはそれぞれの人生の主人公です。主人公は絶対に故郷に帰ってくるんだからね。

>大陸プレート・海洋プレート各位
今はこれ以上地球に追い討ちをかけてくれるなよ。お願いだから。

2011.03.13 Sunday 日常 comments(3)
洗ってみた
買って約4年ほどになるPORTERのブリーフケースバッグを手洗いしたのです。
私服で仕事に出る時はよく使っているのだが、洗ったのは初めてである。
鞄を洗うこと自体、あんまりないと思うけどね。
まあ、きっかけはコーヒーを豪勢にこぼしてしまったからなんだが。。。

念のため「マネをしないでね!」と最初に申し上げておきます。

さすがに洗濯機に入れるのは、ネットに入れたとしてもちと怖かった。
湯船にぬるま湯を張ってバッグを浸します。ここで若干の後悔の念が襲ってきたのは内緒。
洗濯石鹸で優しく洗います。荒れないように崩れないように。ジャブジャブと。
そして浄化と共に汚水(?)が流れ出て、リアルに呟いた。

「きっったねぇ・・・・・・」

ですよねー。
なんだか申し訳ないような、いたたまれない気持ちにすらなってしまった。
よくすすいでひとまず洗濯完了。
んで、裏返してしっかりジッパーを閉めてネットに入れて脱水。

1時間ほど夜風に当ててたらソッコーで乾いた。
まあきれいになって。。。

よかったよかった。
今日はコーヒーこぼしてごめん。たまにご飯粒つけてごめん。
これからもよろしくね。


2011.03.03 Thursday 日常 comments(2)
恩恵と脅威
自然がおこす災害ってのは誰の所為でもなく、まして神様の天罰でもなんでもない。
どんな人であれ、万人の身に平等に起こり得る事象なわけで。
地震に関わらず、地球に生まれた全ての生物にとって決して他人事ではない。

そんな大自然に恩恵を受けている以上、
そういった脅威とも常に向き合い畏敬の念を抱くことこそが、自然と共存していくことに他ならない。
同じ星に生まれた仲間としては、1人でも多くの人が助かればと願うばかりだ。

だけど、相手が大自然だろうがなんだろうが、大切な人を想うことってのはもっと単純で尊いもので。
怒りのやり場のない遺族の方や、やむなく足を切断することになってしまったあの少年に対して、
マスコミはあまりにモラルや配慮がなさすぎる。
今朝の「とくダネ!」を観てて反吐が出そうだった。
「右足を切断すると言われたとき、どんな気持ちだった?」
的なインタビューとか、僕に言わせれば正気の沙汰とは思えない。
ご遺族の方や行方不明者のご家族に対してもそうだけど、今の心境を聞くことにどんな意味が?

↓ソース

前に同じようなことでBPOに意見メール出したことあるけど、相変わらず繰り返されてる。
BPOって頼りになってんのかなぁ。。。
こういうメディアの言動を見て不快に感じたら、
もはやBPOじゃなくてスポンサー企業とかに抗議した方がいい気がするんだよ。

報道って、何のためにあるのかな。
2011.02.25 Friday 日常 comments(5)
目標
今年は肉体改造するぜ。
今のとこ、

・間食しない
・炭水化物減らす
・毎日一駅歩く

痩せる宣言してからこっち、これだけは死守している。
心なしか体の調子もいいようだ。

今年からは有酸素運動しなきゃな。
時間的に余裕があれば泳ぎに行くんだが。

というわけで、夕方や夜のジョギングを日課にしようと思う。
生活リズムの一部になるように、慣れるまでコツコツやろうと思う。

強固なる意志を持って、忍耐を快感に変えてやろう、ってなモンですよ。


今年もよろしくね。
2011.01.07 Friday 日常 comments(6)
ダイエット
するぞー。ここで敢えての公言。

食事気をつけーの、一駅歩きーの、階段使いーの。
まずはこれらから実践します。
この日記をご覧になってくださったあなたが証人であります。

今まで痩せられたことはあったけど、いつも不健康な痩せ方だったからなぁ。
そりゃリバウド、もといリバウンドもしますわ。

関係ないけど、元サッカーブラジル代表10番のリバウドは、
最近までウズベキスタンリーグでプレーしてたようです。
2010.10.23 Saturday 日常 comments(4)
にっき
10月1日 きんようび くもりときどきはれ

きょうは犬のう○こをふみました。

おわり。
2010.10.01 Friday 日常 comments(0)
ここは任せろ!
本番に向けてとある朗読音楽を準備中なのだが、
その朗読家さんと食事中にこんな話になった。

「フィクションでは耳タコくらいよく聞くけど、日常ではまず使わない会話フレーズっていっぱいあるよね。」

うむ。たしかに。「そ、そんなぁ・・・」とか言わないよな、フツウ。
で、特に熱くなったのが、

 嶌F集まってもらったのは他でもない。」

うわぁ・・・言わねぇ〜。言われたこともねぇ〜。。。
ストレートに本題に入れよ。
このフレーズ、なんであんなによく使われるんだろう?
まあ昨今のメディア作品では、あまり聞かないかもしれないが。


◆屬海海惑い擦蹇お前ら先に行け!」

でたー。かなり中二病的な匂いが。。。
っていうか、こんな台詞を吐くほどキナ臭い「ふぁんたじぃ」な日常は送っていないワケで。
でも、ちょっとコレは言ってみたいぞ(*´д`*)
いやむしろ、
「チッ、バカヤロー・・・死ぬんじゃねーぞ!」
てな感じに熱い返答なんぞしたいな!
と言ったら、朗読家のKさんはキャッキャキャッキャと笑っておられたよ。

なんかこんな話題でかなり盛り上がってしまった。
まあでも、他愛ない日常の中でもね、
ふとこんなフィクション台詞が抜群のタイミングで出された日には。
・・・たぶんオレは感動するだろう。
そういうくだらねぇ瞬発力とボキャブラリーに心から賛辞を贈るんだ。

笑いの神様はそういう時にも舞い降りるんだよ。

2010.08.20 Friday 日常 comments(5)
おおきなもの
夕方、大哺乳類展「海のなかまたち」を見に上野の国立科学博物館へ。
休日の折、家族連れやカップルが多い中一人で行きましたが何か?

古来は恐竜をはじめとした大きな生き物が闊歩していたが、
時代と環境が進むにつれ、より少ない資源で生きながらえるように小型化がはじまる。
より多くの食物・資源を求める人間にとっては、大きな生物は格好の獲物に他ならない。
進化はエコロジカルを極めていったわけである。
その最たるは虫や魚たちなんじゃなかろうか。

大きな生き物が大好きなぼくにとっては、
シロナガスクジラの骨格標本が展示されてるってんでワクワクですよ。

そのシロナガスクジラ。さすがは現存する地球史上最大の生物だ。
まるで新幹線の先頭車両である。でかぁい。
この固体は約25mだそう。

絶滅種・絶滅危惧種のコーナーとかもあって、自然淘汰というものについて改めて考えさせられたんだ。

・・・・

夜は新宿のインド料理店「まさらダイニング」にて舌鼓を打つ。
調子に乗っていただいていると、あっちゅう間にお腹はパツンパツンである。
1週間前に甲府ツアーを終えて帰ってきたResonanciaのバンドメンバーが中心。
が、僕は所用で行けなかったため、散々自慢話をされる。
早くも続いて斑尾でのライブ企画が持ち上がっているから、次は絶対行くぞ。

2次会はアフリカンバーの「エソギエ」へ。
ジンに薬草を漬け込んだナイジェリアのお酒「オゴゴロ」を初体験。
以外にもスッキリした味で美味。
ぼくはソーダ割りでいただいたが、BassのHさんはロックでクピクピやっておられたよ。

その後、オーナーと一緒にジャンベを叩かせてもらったり、みんなで歌ったり。
オーナーが、「日本ノ歌に合ワセマスヨ」と太鼓を構えてくれたにも関わらず、
何故か我々の十八番である「Tristeza」を熱唱。
結果、ジャンベの音も小気味よい、楽しいサンバになったとさ。


インド料理を腹に詰めた日本人が、アフリカン・バーでナイジェリア人オーナーと一緒にブラジルの名曲を歌う。
音楽に国境はないんだなぁ。
それはそれは楽しい夜でした。
2010.08.08 Sunday 日常 comments(0)
page top   
<< 2 / 11 pages >>

Buscar

Calendario
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Últimas Entradas
Últimos Comentarios
Perfil
Categorias
Archivo por Meses
Enlaces
RSS/ATOM
Mobile
qrcode
Sponsered Links
  Pagerank/ページランク