celestia

  
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.11.13 Tuesday - -
冷たい風の朝
この年の瀬、限りなく奈良に近い京都に来ております。

N700系新幹線はなかなか乗り心地がよろしい。
京都駅から近鉄に乗って…という流れも、もう慣れたモンである。
街に比べると、朝晩は底冷えしますな。それが少し心地良くもあるんだが。

今年も1年間ほんとにありがとう。
2011年がみんなにとって幸せな1年でありますよう。畏み畏み。

じゃあね。
また来年会いましょう。


2010.12.29 Wednesday おでかけ comments(4)
最後の贈り物
「空と宇宙展」に行ってきました。
いやあ、人間の持つ空への夢を感じたね。むしろ「日本の航空歴史展」と言ったところかな。
1フロアのみのコンパクトな展示だったけど、なかなか興味深くて面白かったです。

正直、工学的な専門知識を持っている人の方が楽しめるとは思いますが。
僕はそっちの方はまるでカラキシなんで、ちょいと一歩下がって空の歴史と未来に思いを馳せることにしましたの。
なにしろ高校2年の時、物理のテストで若干9点(無論100点満点)をマークした男である。

先頃、偉大な任務を全うした「はやぶさ」の実物大モデルも展示してありましたよ。
それにしても世紀の大仕事を成し遂げましたね。
最後は大気圏で燃え尽きてしまいましたが、カプセルは無事に帰還させてくれました。

* * *

下の画像、何の写真かご存知ですか?
この写真とそのエピソードを知った時、涙が溢れました。いやマジで。
もう半年ほど前になりますが、今年一番泣いた出来事かもね。。。



この写真は、カプセルを地球に投下した後、再突入前に「はやぶさ」が最後に撮影した写真です。
不鮮明ですが、何が写っているかは語らずともお解りになるでしょう。

大気圏に突入して燃え尽きてしまう前に、その目に
故郷の姿を焼き付けるかのように。
まるで最後の力を振り絞ったかのように。

約7年もの歳月をかけて約60億キロを旅し、人類の夢に大きな一歩を与えてくれました。
燃え尽きてしまったけど、光の尾となって故郷へと帰ってきました。

そんな愛する「はやぶさ」への、JAXAからの粋な贈り物でした。
最期に地球の姿を見せてあげたかったんだって。。。つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

「ただいま」と「おかえり」が紡がれた、誠に愛しきショットですよ。
2010.12.11 Saturday おでかけ comments(3)
寝不足あがりのバチ当たり
2年ぶりの富士登山です。色々あって今回は日帰り登山を決行。

友人と二人で行ったのですが、揃いも揃って寝不足。
おまけに日帰りってことで、モチベーションは下がる一方。
登れるはずもない。当然だ。八合目約3,300m辺りでリタイヤである。

まあ、今回は仕方あるまい。教訓を得たのだ。
雄雄しくそびえる神の山に「笑止千万! 出直せぃ!」と叱られてきたのです。

今年は須走り口を登ってきました。
母によると、ガキの時分に登ったらしいのだが全く覚えていない。
たぶん登ってないよ、オカーサン。

車が駐車場に停められず、路駐してスタート。
その地点、なんと四合目である。
五合目までたっぷり1時間登った。自家用車は使うべきではないかもしれん。

五合目は海抜約2,000m。軽くバテている。(笑
到着時はすでにam7:20。

一番人気の吉田口とは違って登山客は結構少ない。

そして、自然を満喫できてこの山道は本当に楽しかった。

森から森へ。

楽しかった。六合目ちょっとまではね(笑

六合目を少し過ぎて植物の背も格段に低くなり、ようやく富士山らしい山道に。

雲の中はひんやり。風も割と穏やかで涼しい。

七合目に着いた頃には、11:00を回っていた。
そして、足が言うことを聞かなくなり始める。
ここからリタイヤ地点まで1枚も写真を撮っていないことが、それを物語っているのだよ。

ゆっくり登ったので高山病にはならず食欲もあったのだが。
体中が軋むんだ。。。足が動かない。。。
我々の心が折れるのに時間はかからなかった。

そして、pm14:43。
下山を決意。当たり前だが正しい決断であった。
そして、このバチ当たりどもへの恐怖の洗礼は下山にこそあったのです。

須走口名物の砂走り。七合目から五合目あたりまで斜面をほぼ一気におりる道。
膝。。。ふくらはぎ。。。踏ん張れない。。。痛い痛い。。。
そして長ぇ。。。。。。何kmあるんだ。
元気だったら少しは楽しめたろうが、満身創痍の肉体では惰性で体を動かすのがやっとであった。

ふと振り返ると、こんな空。
ぼくらの心もこんな色。

・・・・

pm18:32、五合目到着。
よくがんばったよ、オレたち。
ちゃんと体調を整えて、宿も取って行くべきだね。

そんなこんなで、今回は山に跳ね返されましたが、須走口は楽しい山道でした。
ここをリベンジして、いずれは御殿場口も登って。
富士山の全ての山道をコンプリートしてやるんだ。

そうそう、幼き日に途中で断念した戸隠山もリベンジするんだ!
いっぱい登りたい山があるんだお。
みんな、一緒に行こうじぇ。
2010.08.01 Sunday おでかけ comments(5)
江ノ電ミニ探訪
この夏、生まれて初めて江ノ電に乗ったんだな。
どっかでテキトーに降りて散策してみよう。
そんな休日。

と、その前に。
間近で拝顔したかった大船観音へ。
電車の中からしか見たことなかったしね。
小さいころ、突然見えた白い像に驚愕した覚えがある。

大船駅からすぐ、参道を少し登って到着。
階段を登ると。。。


実は胸像だったのですな。そして、おぉ…大きい。
観音さまらしい優しいお顔で、大船の街を見守っておいででした。

・・・・

鎌倉駅から江ノ電乗車。
そしてなんとなく「極楽寺」という駅で下車。
駅名にもなっている極楽寺というお寺は、何故か閉まっていて拝観できなかった。

なんというか、浴びるほどの蝉の声と萌える緑が、日本の夏を実感させてくれる。
ぶらぶらと30分ほど歩きました。

駅から5分ほど歩けばもう海。

う〜ん、泳ぎてぇ。

夕方から約束があったから、探索は一駅で切り上げてしまった。
また乗りに来よう。
知らない土地をひたすら歩くのはホント楽しいね。
暑くたって平気だよ。
2010.07.27 Tuesday おでかけ comments(0)
ビッグアイランド
この南の島では、色んな人がいて色んな音が聴こえてきて。

でも早朝の街並みを写したこの写真には誰も写ってなくて(涙

…これらもやっぱりなんだか多くて。


まいにち、空はすごくまぶしくて。


偉大な神さまの棲む山は、何十年ぶりかに巨大な煙をあげていて。


そんな島だからね。
金曜ロードショーのOPばりに黄昏ちゃう人だっていると思うんだ。
2008.11.16 Sunday おでかけ comments(0)
今年も富士山?
地元の幼馴染と登ってきましたよ。
下山途中以外は天気に恵まれておりました。
なんでも、僕らが出発した日に皇太子殿下が登頂されたんだとか。
ペースに気をつけてなるべく小まめな休憩はとらずに、
ゆっくりゆっくり登ります。


今年も山小屋から朝日を望みました。
えらい寝癖ですわ。


am7:30ぐらいかな?
無事登頂。
人多いでしかし。


んで、険しい馬の背をクリアして見事剣が峰へ。
今年も日本一高い場所に立ったどー!


例によって下山はキツいだす。
膝、太腿、痛ひ。
それに、登頂を目指すという大いなる目標がある登山にくらべ、
下山はあからさまにモチベーションが下がる。
たまり耐えかねて二人で歌を歌いながら歩きました。小学校の校歌とかねw

七合目付近で雷雨に見舞われる。
地面が真っ白になるくらいの勢いで雹が降ったよ。
もー痛かった。
運良く落石避けのシェルターがあったからよかったけど。
ギガデイン並みの雷に怯えながら無事五合目に帰還。

いやはや大変でした。でも楽しかったよ。
山の天気は怖いね。
まして富士山の下山中は、途中に山小屋とかもないからかなり無防備です。
僕らが降りているほぼ同じ頃、御殿場口方面あたりで男性が雷に打たれて亡くなったらしいしね…。

いや、冗談抜きでね。
僕らも死んでいたかもしれないんだ。
ムリをしない勇気も必要ってことですね。

そして。

富士山登頂という同じ野望を抱いてかの山に挑んだ「仲間」として。
亡くなった男性のご冥福を心からお祈りいたします。
2008.08.09 Saturday おでかけ comments(0)
音あり食あり湯あり蝉あり
合唱のお仕事で箱根へ。

一日中いっぱいいっぱい演奏して。
美味しいお料理をたらふく平らげて。
露天の温泉に浸かって「っあ〜〜〜〜」とか言って。
遅くまでみんなで旨い焼酎をクピクピやって。

ああ、それから。
久方ぶりに聴いたひぐらしの大合唱に心がキュンってなりました。
2008.08.03 Sunday おでかけ comments(0)
昼夜蕎麦
ほぼ日帰り。仕事で名古屋へ。
ケツカッチンでトンボ帰りだったから、旨いモンも喰いに行けずや。
来月、富士山やら箱根やら京都やら行くから、そんときゃ、ね。
まあ富士山はともかく、何食べに行こっかなー。

友人に、「『隅田川の橋シリーズ』はどうなってるんだ?」と。
「あんだけやっといてフェードアウトけ?」と。
あのね、気にはしてたのよ?
あれから写真撮りに行ってないんだもん。完成させなきゃね。
色々調べるうちに歴史やら何やら知る事ができて楽しいし。

まあそのうち完成させます。
恍惚のフォルムを誇る岩淵水門までね。
2008.07.20 Sunday おでかけ comments(0)
終日満腹。
昔好きだったコが夢に出てきました。
そのコはどういうわけか砂場で遊んでおり、僕に微笑みかけ言いました。
「ねえ、水かけてハート
…目が覚めて少なからずドキドキしている自分に苦笑。
なんだったんだ一体。

従姉妹家族と別れ、9時に京都駅へ。
関西旅行決行中のスペイン語教室の友人たちと合流する。
荷物を預けて錦市場へ行きました。
色々と買い食い歩きしてる間にみるみる満腹。あ、これ朝飯だ。と気付くw



地下鉄→バスと乗り継いで大原三千院へ。
目当ての救世観音は見られなかったけど、国宝の阿弥陀三尊が拝めたから結果オーライだ。
おまけに、期せずして初午大根焚きにもありつけて心も体もホカホカです。
ありゃ美味かったねー。
そもそも開運招福の特別祈祷だそうだが、我々にとっては大根を頂けた事自体が幸せである。
不動明王様ありがとう。ノウマクサマンダ……続きは失念してしまいました。



帰りの新幹線では、市場で買った贅沢なツマミなど広げて静かに酒盛りです。
レッスンも受けたし練習もできたし。打ち合わせもバッチリやったし。
楽しい仲間たちと美味いモン食って観光もできたし。
ピンク色の妖しい夢も見たし(笑
充実したいい旅でした。明日からまたがんばろ。

今ふと思ったけどさ。
「買い食い」なんてコトバ、何十年ぶりかに使ったわ。
大人になったら「買い食い」ってしまくってんだなー。
2008.02.11 Monday おでかけ comments(0)
雪解けドライブ
京都の従姉妹んちに来てますが、今日は昼すぎまでずっと練習。
午後からは本番を聴きに、車で伊丹まで出掛けました。
昨日の雪の影響で一部の高速が使えなかったりで、4時間くらいかかってしまった。
伊丹は初めて行ったけど、なんとなくウチの近所に雰囲気が似てたなぁ。
だからなのか、なんか暖かくて遠出した気があまりしなかった。

帰ってきて夜中の1時くらいまで本番に向けての打ち合わせ。
綿密にできてよかった。ホールの下見もできたし。
あとは稽古あるのみでございます。
雪やら風邪やらに負けてなどいられませぬ。
2008.02.10 Sunday おでかけ comments(2)
page top   
1 / 3 pages >>

Buscar

Calendario
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Últimas Entradas
Últimos Comentarios
Perfil
Categorias
Archivo por Meses
Enlaces
RSS/ATOM
Mobile
qrcode
Sponsered Links
  Pagerank/ページランク